細目デ地球観察 ~ ワタルヒライの世界一周 ~
世界一周を道半ばで断念した男が、理想と現実のギャップに悩みながら、日本での社会復帰を目指すブログ
プロフィール

WATARU

Author:WATARU
仕事を辞め、2009年2月27日に
世界一周スタート。
2010年7月30日、世界一周を
半周で止め、日本に帰国。
世界半周で得た、考えと現実の
ギャップに悩む25歳男が
日本での社会復帰を目指す。

世界一周ブログランキング
に参加しています。

1日1クリック、宜しくです!

ここをクリック↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


現在までの道のり

タイ→カンボジア→ベトナム→ラオス→中国→チベット→ネパール→インド→パキスタン→イラン→トルコ→ドイツ→トルコ→シリア→ヨルダン→イスラエル→ヨルダン→エジプト→ハンガリー→オーストリア→ハンガリー→ドイツ→ベルギー→オランダ→チェコ→クロアチア→イタリア→フランス→スペイン→スイス→スロヴァキア→ポーランド→ハンガリー→エジプト→イエメン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウィ→ザンビア→ナミビア→南アフリカ→ジャパン



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の知らない心地良いこと~砂漠ツアー~
スィーワ観光の目玉は、砂漠,鉱泉を巡るサファリツアー。




宿泊しているホテル’パーム・ツリー’でツアーを申し込み、砂漠へGO。

【ツアー料金・内容】

・140E£(パーミット込)

・冷泉,温泉(ビル・ワヘダ),夕日観賞(ティー付),キャンプ(食事,ティー付),朝日観賞

※オプションでサンドボード(14E£)




ツアーのメンバーは僕と、ダハブで再会後、行動を共にしているLUNCHと、スロヴァキア人カップルの計4人。



相棒のLUNCH


blog-IMG_6299.jpg



スロヴァキア人のカップル


blog-IMG_6494.jpg





大量の水と防寒具を用意し、ランクルに乗り込み、少し走るとそこには既に砂漠が待っていた。


blog-IMG_6358.jpg




そして、砂漠に突入!




暫くすると辺り一面砂だらけの絶景が広がる。


blog-IMG_6364.jpg




う~ん、キレイ。


blog-IMG_6368.jpg




程良い斜面で、サンドボードにチャレンジ。


blog-P4163073.jpg




思ったよりスピードが出て、めちゃくちゃ楽しい!


blog-P4163062.jpg




ただ、行きはいいけど帰りは急斜面を歩いて登るから、かなりしんどい。


blog-IMGP5788.jpg




結局、3本滑って、バテてしまう。




そして、次なる目的地へ向って、ランクルで砂以外何もない道なき道を爆走!




何も無いところを車でかっ飛ばすのが、こんなに気持ちいいとは思っていなかった。




暫く経つと、砂漠の中にぽつんと冷泉が見えてきた。


blog-IMG_6399.jpg




辺り一面砂に囲まれた場所にある、水場というのは何か不思議な光景。


blog-IMG_6394.jpg




翌々、見てみるとそこには、見たことのない魚が住んでいた。


blog-IMG_6389.jpg




砂漠の中にも、魚がいるという事実。




砂漠のオアシスに魚がいるかどうかなんか全く考えたことが無かった。




また一つ自分の知らなかった世界があることに気付いた。




サンドボードのおかげで、すっかり汗&砂まみれになった僕は、水着に着替え
冷泉で泳ぐことにした。




程よく冷たい水が気持ちいい。




砂漠の中で泳ぐ…中々、乙だな。




冷泉の後は、温泉のビル・ワヘダへ。


blog-IMG_6411.jpg




こんな暑い中、温泉なんて入ってられるか!と思い、足湯だけにする。


blog-IMG_6412.jpg




そして、砂漠を直走り、到着したのがここ。


blog-IMG_6461.jpg




ここリビア砂漠は、かつては海の底だった。




ここはその名残を残しており、魚や貝の化石が沢山ある。


blog-IMG_6460.jpg


blog-IMG_6466.jpg




大昔の海が今じゃ砂漠、そう想像すると、地球の歴史が如何に長く
人間の人生が如何に短いかが分かる。




そして夕日を見に、サンセットポイントに向うも、残念ながら曇りで
夕日は見れない。




仕方なしに、枯れ木を集め火を起こし、作ったスィーワ・ティーを飲みながら
砂漠のど真ん中で一息つく。


blog-IMG_6490.jpg


blog-IMG_6493.jpg




そこにあったのは限りない静寂。


blog-IMG_6495.jpg




日本にいたときも、旅しているときも、そこには常に何かしらの音があった。




仮にそこに完全なる静寂があったととしても、それに耳を傾けることは僕には出来なかった。





今ここで、砂に囲まれ、弱弱しい風に吹かれ、初めて感じる完全な静寂。




それはとても心地が良くて、暫くここに留まりたいと思わせる何かを持っていた。




暫く、そこでボーとした後、ドライバーに促され、今日のキャンプ地に行き
晩御飯を食べ、星を見ながら、砂の上で横になる。


blog-IMG_6497.jpg




これまた半端なく気持ちいい。




初めて、ちゃんと訪れた砂漠で、僕は色んなことを知った。




そこを突っ走ると気持ちいいこと。




そこに魚がいること。




そこが海だったこと。




そこの風が気持ちいいこと。




そこに完全な静寂があること。




要は、そこに僕の知らないことが沢山あること。




そして、そこはとても心地良い場所であること。


blog-IMG_6453.jpg





そんな事を考えていると眠くなってきたので、大量の蚊に悩まされつつも寝ることにした。




※ちなみに朝日は霧が凄すぎて見れませんでした。









ここまで読んで下さり、ありがとうございます。
世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1クリック、宜しくお願いします。

↓ここをクリック
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行


コメント
感性
君が見た砂漠の中の貝殻にしても、ドーモやピラミッドも、
ゴビ砂漠で見つかる恐竜の化石も、山の中のアンモナイトの化石も、
古墳も時の流れ、自然の凄さ、知らない過去の誰かの存在を感じ、
地球が生きてるって実感し、人の存在の小ささを感じる事が出来るよね。

自然にかかわってると、悩みとかってちっぽけで、どうでも良い事だって
すげー感じない?

日記の中の君って、俺が見てた君からは全く想像出来ないけど、
ホント楽しそうで良かったね。
[2010/04/24 02:13] URL | うみはげ #- [ 編集 ]

Re: 感性
うみはげさん

自然に関わると全てがどうでもよくなって、その中でも凄い奴を
目の当たりにすると、あ~!最高!!ってなっちゃいますね☆

まぁ、日記の中での僕は、思ってる事全部書いてるんで、普段の僕とは
違いますね。

普段は、特に暗黒の名○屋時代は、自分の思ってる事はあまり話してなかったような…(笑)
[2010/04/26 00:51] URL | ワタル #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shosin.blog89.fc2.com/tb.php/80-26e26d61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。