細目デ地球観察 ~ ワタルヒライの世界一周 ~
世界一周を道半ばで断念した男が、理想と現実のギャップに悩みながら、日本での社会復帰を目指すブログ
プロフィール

WATARU

Author:WATARU
仕事を辞め、2009年2月27日に
世界一周スタート。
2010年7月30日、世界一周を
半周で止め、日本に帰国。
世界半周で得た、考えと現実の
ギャップに悩む25歳男が
日本での社会復帰を目指す。

世界一周ブログランキング
に参加しています。

1日1クリック、宜しくです!

ここをクリック↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


現在までの道のり

タイ→カンボジア→ベトナム→ラオス→中国→チベット→ネパール→インド→パキスタン→イラン→トルコ→ドイツ→トルコ→シリア→ヨルダン→イスラエル→ヨルダン→エジプト→ハンガリー→オーストリア→ハンガリー→ドイツ→ベルギー→オランダ→チェコ→クロアチア→イタリア→フランス→スペイン→スイス→スロヴァキア→ポーランド→ハンガリー→エジプト→イエメン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウィ→ザンビア→ナミビア→南アフリカ→ジャパン



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パレスチナ自治区を囲む壁
パレスチナ自治区。


その名は、ガザ地区への空爆等、日本のニュースでも頻繁に報道されていたから、当然僕も知っていた。


でも、それは僕にとって遠い遠い国の出来事で、その歴史的背景・現状等についてはほとんど何も知らない。


しかし、ここイスラエルに来れば、否が応でも、そういった問題を意識せざるを得ない。


イスラエルとパレスチナの間には、壁がある。


その壁はイスラエルによって一方的に建設された。


しかも、第一次中東戦争にて設けられた停戦ラインを越え、今も尚、建設が進められている。
(イスラエルの事実上の領土拡大)


そんな事が許されるの?


答えはNO.


国際法上は違法とされていており、勧告も受けている。


それでも、イスラエルは壁を作り続けているという。


その壁を見てみたいと思って、エルサレム旧市街を観光するはずだった予定を変更し


見に行ってみることにした。


今回、僕が行ったのは、エルサレムから程近いベツレヘムという町の周辺。


行き方は、エルサレムのダマスカス門近くのアラブ・バスステーションからNo.124に乗って


チェックポストで降りる。(所要30分,4.5NIS)


チェックポストを越えれば、そこはもうパレスチナ側。



s-IMG_2116.jpg



そこには平和,自由を願う沢山の落書やメッセージが描かれていた。


s-IMG_2118.jpg

s-IMG_2127.jpg

s-IMG_2138.jpg

s-IMG_2141.jpg


韓国語も

s-IMG_2172.jpg


日本語も

s-IMG_2168.jpg


著名な覆面画家バンクシーの作品も

s-IMG_2121.jpg

s-IMG_2158.jpg


パレスチナ問題はとても複雑で、僕はそのほとんどを知らない。


でも、この国にいる間だけでも、少しでも多くの関係するものを自分の目で見て、耳で聞いて、感じたい、そう思った。






ここまで読んで下さり、有難うございます。
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shosin.blog89.fc2.com/tb.php/5-9af7270d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。