細目デ地球観察 ~ ワタルヒライの世界一周 ~
世界一周を道半ばで断念した男が、理想と現実のギャップに悩みながら、日本での社会復帰を目指すブログ
プロフィール

WATARU

Author:WATARU
仕事を辞め、2009年2月27日に
世界一周スタート。
2010年7月30日、世界一周を
半周で止め、日本に帰国。
世界半周で得た、考えと現実の
ギャップに悩む25歳男が
日本での社会復帰を目指す。

世界一周ブログランキング
に参加しています。

1日1クリック、宜しくです!

ここをクリック↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


現在までの道のり

タイ→カンボジア→ベトナム→ラオス→中国→チベット→ネパール→インド→パキスタン→イラン→トルコ→ドイツ→トルコ→シリア→ヨルダン→イスラエル→ヨルダン→エジプト→ハンガリー→オーストリア→ハンガリー→ドイツ→ベルギー→オランダ→チェコ→クロアチア→イタリア→フランス→スペイン→スイス→スロヴァキア→ポーランド→ハンガリー→エジプト→イエメン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウィ→ザンビア→ナミビア→南アフリカ→ジャパン



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治験で小遣い稼ぎ
僕が態々エジプトからハンガリーに飛行機で移動し、ヨーロッパに来たのには理由がある。




それは、ドイツで治験に参加し、少なくなった旅資金を補充する事。




治験とは未認可の薬を飲んで、その安全性等の効果を検証する事であり
いわば僕は実験のモルモットのようなものだ。




その安全性については賛否両論あるが、少なくとも動物実験においては
その安全性が確認されている。




今回、僕が飲む治験薬は、既に錠剤としては販売されている鎮痛剤で
それをフィルム状にしたものを検証するらしい。
(即効性&服用の簡易化を狙っているらしい)




期間は約1ヶ月(4日間の拘束×4回)。




報酬は約3,100EURO+交通費(ヨーロッパ内に限る)。

※治験期間中の宿泊施設は治験会社が用意してくれる。




この金額が高いか安いかは個人の考えによるだろうけど、僕は安いと思う。




ある程度の安全性が確認されているとは言え、自分の体を売って
一ヶ月でたったの40万円。




医者の友達が言ってたけど、薬なんてのは認可されていようが、いまいが
副作用は必ずある。




そんなもんを1ヶ月間集中的に投与されるから、体にいいわけない!




旅資金が100万円以上残っていた時は、そんなもん絶対やるか!って思ってた。




でも、お金が減ってくると、その気持ちに変化が…。




海外で只の旅行者の僕が一ヶ月で仕事を探して、40万円の貯蓄を作る事はかなり難しい。




僕は1年間分の旅資金しか用意していないし、1年経った今、まだまだ行きたいところが沢山ある。




現在の所持金は約40万円…




どう考えても足りねぇ!




僕の人生が後どれ位あるか分からないけど、治験が原因で死ぬ確立なんて極めて低いだろ!




金欲しいし!




よし、やろ!!




こんな感じで僕は治験に参加することにした。




いざ治験会社にいってみると、そこには13人のボランティア希望者がいた。




その中から、今回の治験に参加出来るのはたったの5人らしく、健康診断の
結果が良好な人から選ばれるらしい。




確率、5/13…低い!




ベテランの人曰く、今回はかなり倍率高いらしく、普段はかなりの高確率で
参加出来るらしい。




何としても受かりたい!




こうなったら、自分の健康を信じるのみ!




ところが…




健康診断前日、僕はエジプトで出会ったある人とケルンで再会し
一緒に晩飯を食っていた。




その人が治験止めなよ、って言ってくれた。




それで、治験参加を止める事にした。




他人が自分の事を心配してくれる気持ちが嬉しかったし、意味不明な薬を投与される不安もあったし
何より、たったの40万円で、自分の体を実験台にする事がかっこ悪いっていう気持ちが強かった。




その事に気付かせてくれたその人には心から感謝してる。




そして、健康診断当日。
(健康診断受けないと交通費&謝礼が貰えない為、参加)




一昨日まで、なんとしても受かりたい!という気持ちとは一転
どうにかして落ちたい!と思いつつ臨んだ。




検査項目は一般的なもので、心電図、血液、尿、身長&体重…etc




しかし、その中に肺活量を検査するものがあり、多少コツが必要で
この検査が上手く出来ない人がいるらしい。

※今回の治験参加倍率が高いのもこの為らしい




内容は息を強く吸ったり、吐いたりするもので、5回のうち3回、正常な数値
を出さないといけないというもの。




他の参加者を見ても苦戦している人が何人かいた。




落ちようと決めている僕はわざと失敗するフリをする事にした。




でも、一回も成功出来ないんじゃ、ダサいから取敢えず真面目にやってみる。




一回目…




看護士さんの声…『吸って、吐いて×3、おもっきり吸って!おもっきり吐いて!吐いて!吐いて!止めて!止めて!』




検査結果を見て、看護士さん:『パーフェクト!!』




そして二回目…




ここから4回は失敗しないといけない。




取敢えず強く吸ったり、吐いたりする部分を手抜きしてみる。




結果…看護士さん:『OKですね。』




あれ??おかしいな?次はもっと手を抜こう。




3回目…




結果…看護士さん:『いいですね~。すごい上手ですよ。』




あれれ?普通に3回とも成功してしまった…この検査装置大丈夫か??




こうなったら、医師との問診の際に、印象を悪くするしかない。




問診が始まり、ありきたりな質問に受け答えする。




医師:『たばこは吸う?』




僕:『今は吸ってない。1ヶ月前までは一日三箱吸っていた。』
※半年前から禁煙中で、喫煙時も一日一箱程度だよ!

※=心の声




医師:『アルコールは?』




僕:『毎日、瓶ビール10本くらい』
※酒なんて、ほとんど飲まねぇよ!




医師:『コーヒーは?』




僕:『毎日、3杯程度』
※これは本当




医師:『コーラは?』




僕:『毎日、2ℓ』
※ほとんど飲まねぇよ




医師苦笑。多分、コイツ一日にどんだけ水分とるんだ?って思われたんだろう。




そんなこんなで健康診断終了。




そして、結果発表の時が来た。




集まる参加希望者達みんなが緊張している。




違う意味で緊張する僕。




まあ受かっても辞退すればいいだけど。




一人ずつ順番に呼ばれ、結果を知らされる。




帰って来る時、受かっている人は満面の笑みを、落ちた人は落胆の色を見せていた。




その風景は何かプロボクサーの試験結果発表会場みたいで
傍観者の僕的にはかなり面白かった。




で、肝心の僕の結果…




不合格!




健康には異常ないけど、他にもっと数値のいい人がいたとの事。




急に緊張していたのがバカらしくなった。




無事、計画通りに事が運び、交通費&謝礼(60EURO)を手に入れて帰った。




お金は手に入らなかったけど、治験会社の扉を出た時、なにか清々しい気持ちになった。




きっと僕にはこれで良かったんだと思う。




この後は予定を変更して、ヨーロッパを巡る事にした。













ここまで読んで下さり、ありがとうございます。
世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1クリック、宜しくお願いします。

↓ここをクリック
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行


コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2010/03/09 17:38] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shosin.blog89.fc2.com/tb.php/36-ddda0d2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。