細目デ地球観察 ~ ワタルヒライの世界一周 ~
世界一周を道半ばで断念した男が、理想と現実のギャップに悩みながら、日本での社会復帰を目指すブログ
プロフィール

WATARU

Author:WATARU
仕事を辞め、2009年2月27日に
世界一周スタート。
2010年7月30日、世界一周を
半周で止め、日本に帰国。
世界半周で得た、考えと現実の
ギャップに悩む25歳男が
日本での社会復帰を目指す。

世界一周ブログランキング
に参加しています。

1日1クリック、宜しくです!

ここをクリック↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


現在までの道のり

タイ→カンボジア→ベトナム→ラオス→中国→チベット→ネパール→インド→パキスタン→イラン→トルコ→ドイツ→トルコ→シリア→ヨルダン→イスラエル→ヨルダン→エジプト→ハンガリー→オーストリア→ハンガリー→ドイツ→ベルギー→オランダ→チェコ→クロアチア→イタリア→フランス→スペイン→スイス→スロヴァキア→ポーランド→ハンガリー→エジプト→イエメン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウィ→ザンビア→ナミビア→南アフリカ→ジャパン



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリムトに会いたくて
僕がオーストリアに来たには、実は理由がある。




それは大好きな画家クリムトの作品を見るため。




そう高々、絵を見る為だけに僕はオーストリアにやって来たのだ!




イスラエルで訪れたテルアビブ美術館で僕は彼の作品を初めて見た。




僕はその絵に描かれた女性と目が合った瞬間、絵の中に吸い込まれていた。




その女性を見つめていると、とてもフワフワした気持ちになって、それがとても心地良くて
気がつくと、僕はその絵の前でなんと20分以上もボーと立っていた。




それから僕は彼の大ファンになった。




そんな彼はオーストリア出身。




当然、ここオーストリアには沢山の作品が展示されている。




彼の作品を見るために僕がウィーンで行った施設はレオポルド美術館、ヴェルヴェデーレ宮殿
ウィーンミュージアム(カールスプラッツ)、セッションと、その数実に4つ!




写真OKだったレオポルド美術館で撮ったクリムトの作品↓


blog-IMG_4859.jpg


blog-IMG_4864.jpg


blog-IMG_4867.jpg




う~ん。




素晴らしい!




写真は撮ってないけど、ヴェルヴェデーレ宮殿に展示されていた『THE KISS』をはじめとする作品
セッションに展示されてある『ベートベンフリース』等も本当に良かった!




なによりも僕は彼の描く女性が好き。




なんか見てると本当に気持ちよくなって、ついついその場に立ち尽くしてしまう。




会ったことないけど、この人絶対、女好きのど変態だと思う。




じゃないとあんな絵描けないと思うから。




クリムト作品に会いたくて、訪れたウィーン。




そこで僕は彼の絵を見て、心から幸せな気持ちになれた。




クリムト最高!!










ここまで読んで下さり、ありがとうございます。
世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1クリック、宜しくお願いします。

↓ここをクリック
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行


コメント
わっくんもはまったか!
よかったよねー♪あたしも絶対イスラエルの美術館いこっと!!
[2010/02/25 08:36] URL | ゆーこ #- [ 編集 ]

Re: わっくんもはまったか!
ゆーこ

マジであれははまるよ~!
テルアビブ美術館、一個しかクリムト作品、置いてないけど
他も良かったよ。
昨日はフェルメールの青いバンダナの少女見てきたよ!
[2010/03/01 16:48] URL | ワタル #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shosin.blog89.fc2.com/tb.php/32-f2009cff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。