細目デ地球観察 ~ ワタルヒライの世界一周 ~
世界一周を道半ばで断念した男が、理想と現実のギャップに悩みながら、日本での社会復帰を目指すブログ
プロフィール

WATARU

Author:WATARU
仕事を辞め、2009年2月27日に
世界一周スタート。
2010年7月30日、世界一周を
半周で止め、日本に帰国。
世界半周で得た、考えと現実の
ギャップに悩む25歳男が
日本での社会復帰を目指す。

世界一周ブログランキング
に参加しています。

1日1クリック、宜しくです!

ここをクリック↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


現在までの道のり

タイ→カンボジア→ベトナム→ラオス→中国→チベット→ネパール→インド→パキスタン→イラン→トルコ→ドイツ→トルコ→シリア→ヨルダン→イスラエル→ヨルダン→エジプト→ハンガリー→オーストリア→ハンガリー→ドイツ→ベルギー→オランダ→チェコ→クロアチア→イタリア→フランス→スペイン→スイス→スロヴァキア→ポーランド→ハンガリー→エジプト→イエメン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウィ→ザンビア→ナミビア→南アフリカ→ジャパン



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アートに目覚める?
イスラエルに来て、もう直ぐ2週間になる。



でも、未だエルサレム以外の町には、日帰りで行けるとこしか行ってない…。



あまりに、イブラヒム・ピースハウスの居心地がいいので、ついつい沈没してしまった…。



そろそろ、動かないとマズい!


という気もして来たので、テルアビブに行く事にした。
(エルサレムのセントラルバスステーションからテルアビブ中央駅まで、バスで40分,19.7nis)



テルアビブはイスラエルの政治、経済、文化の中枢機能が集中している大都市である。



が、しかし、ツーリストに取っては、世界遺産の現代建築郡を除き、さして見所はない。



では、何故そんな町にわざわざ?



答えは、テルアビブ美術館に行く為。



僕が、美術館?何言ってんの?と僕のことを知っている人は思うだろう。



確かに以前の僕は、絵画とか彫刻とかには全く興味がなかった。



でも、ドイツのミュンヘンにあるノイエ・ピナテークという美術館にゴッホの”ひまわり”を
興味本位で見に行ったとき、僕は変わった。



誰もがその名を知っている、ピカソ,ゴッホ,モネ,ゴーギャン,ロザン…etcの作品については



正直、はぁ~、これがあの有名な○○か~。程度の感想しか出てこなかった。
(単に僕のセンスとかに問題があるだけかも)



が、しかし



聞いたこともない名前(単に僕が無知なだけ?)の画家達
(ガブリエル・マックスとかフランツ・ボン・スタックとか)
が描いた作品の中に、僕に強烈なインパクトを与えるものが幾つかあった。



その時、気付いた。芸術面白いじゃん!って。



そんな経緯もあり、イスラエルを代表する美術館であるテルアビブ美術館に行くことを決めた。



ちなみに入館料は42NIS。



テルアビブ美術館は主に、19世紀後半から20世紀に世界各国で活躍した芸術家達
の作品を展示しており、有名所ではモネ,ピカソ,ルノアール,シャガール,ゴッホ等の作品がある。



まあ、↑の有名所の作品に対する感想は、前回のノイエ・ピナテークを見たときと同様…。
(あくまで僕の主観です)



そんな中、僕の心を射止めたのは、ZADOK BEN-DAVIDという(多分)イスラエル人の作品。



今日は、丁度、彼の企画展をやっており、その名も”HUMAN NATURE"。


blog-IMG_2437.jpg


彼の作品はこんな感じ。(僕のカメラテクのせいで、実物とはかけ離れてます)



blog-IMG_2451.jpg
blog-IMG_2453.jpgblog-IMG_2450.jpg
blog-IMG_2444.jpg
blog-IMG_2445.jpgblog-IMG_2447.jpgblog-IMG_2449.jpgblog-IMG_2438.jpgblog-IMG_2439.jpgblog-IMG_2440.jpgblog-IMG_2441.jpg


以下、僕のしょーもない感受性による感想。



彼の作品は単なる鉄板,木板で、無機質というか、’生’を感じさせない
ものを材料としている。



それに、デザイン自体もそれだけを見れば、どちらかというと機械的に思える。



でも、実際に彼の作品を見ると、彼が手を加える事によって
まるでそこに’生’が宿ったかのような印象を受ける。



人の形を模したものなら、生きてる人間のように見え
木の形をもしたものなら、まるで美術館の床に根を張っているかに見える。





光の当たり具合によって、見え方の変る作品からお気に入りアングルを探し出そうと
位置を変えていると、ふと、そこに’生’宿る瞬間がある。



その瞬間、作品の世界の中に引き込まれて、なにか暖かい感じに包まれる。



そこに’生’を強く感じ、その感じがめちゃくちゃ気持ちいい。



…何言ってるか良く分かんないですね。



まあ、とにかく見てて気持ち良かったって事です!







ここまで読んで下さり、ありがとうございます。
世界一周ブログランキングに参加しています。
1日1クリック、宜しくお願いします。


↓ここをクリック
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shosin.blog89.fc2.com/tb.php/13-927b07bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。