細目デ地球観察 ~ ワタルヒライの世界一周 ~
世界一周を道半ばで断念した男が、理想と現実のギャップに悩みながら、日本での社会復帰を目指すブログ
プロフィール

WATARU

Author:WATARU
仕事を辞め、2009年2月27日に
世界一周スタート。
2010年7月30日、世界一周を
半周で止め、日本に帰国。
世界半周で得た、考えと現実の
ギャップに悩む25歳男が
日本での社会復帰を目指す。

世界一周ブログランキング
に参加しています。

1日1クリック、宜しくです!

ここをクリック↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


現在までの道のり

タイ→カンボジア→ベトナム→ラオス→中国→チベット→ネパール→インド→パキスタン→イラン→トルコ→ドイツ→トルコ→シリア→ヨルダン→イスラエル→ヨルダン→エジプト→ハンガリー→オーストリア→ハンガリー→ドイツ→ベルギー→オランダ→チェコ→クロアチア→イタリア→フランス→スペイン→スイス→スロヴァキア→ポーランド→ハンガリー→エジプト→イエメン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウィ→ザンビア→ナミビア→南アフリカ→ジャパン



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざっ、ケニアへ!
今日はモヤレへ移動する。




出発は9:30~10:00位と曖昧なので、少し早めにバスが停まっている場所に行く。




相変わらずのオンボロで座席激狭のバス。




でも、今まで僕が乗ったバスで走った道とは違い、コンソ-モヤレ間はかなり
ロードコンディションがいい!!




(エチオピアにしては)快適なバス移動でモヤレ着(7時間)。




明日はいよいよエチオピアを脱出し、ケニアだ!!






ここまで読んで下さり、ありがとうございます。
世界一周ブログランキングに参加しています。
あなたの1クリックがランキングに反映されますので、どうぞ宜しくお願いします。

↓ここをクリック
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサーサイト

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

エチオピア脱出のチケット
そろそろコンソからケニアとの国境の町モヤレへ移動しないといけない。




コンソからモヤレまではコンソのマーケットデイ(月・木)のみバスが出ている。
(月・木以外でも、ヒッチハイクで移動可能)




当日乗るのは外国人の僕にはかなり難しいと思われるので、コンソの街にいる
うさんくさい兄ちゃんに手伝ってもらい、事前にドライバーからチケットを買う。




ちなみにコンソにはバスターミナルなんてものはなく、St. Mary Hotelのレストランで
休憩中のドライバーから直接チケットを買う事になり、時間は出発前日の17:30~18:30(不定)。




値段は120B+兄ちゃんへのチップ。




絶対、ボられている。




でもね、もういいんです。




なんたってこの辛い辛い国、エチオピアから脱出出来るから!





ここまで読んで下さり、ありがとうございます。
世界一周ブログランキングに参加しています。
あなたの1クリックがランキングに反映されますので、どうぞ宜しくお願いします。

↓ここをクリック
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

人生最悪の日~ヤギVSオレ~
今日はディメカのマーケットに少数民族を見に行く予定だった。




でも、止めた。




理由は二つ。




トゥルミからディメカ行きの車がかなりボッて来たことと




正直、少数民族見過ぎて飽きちゃったから!




はい、僕は飽き性なんです。




ディメカへ行かないとなれば、僕にとっての南部少数民族巡りのスタート地点でも
あり、ケニアとの国境行きバスが出ている街、コンソへ戻るっきゃない!




ということで、コンソへ向け、ヒッチハイクスタート。




いつも通り、へ~い!とかお~い!とか言いながら、黙々とコンソ行きの車を待つ。




しかし、連日のヒッチハイクはかなり疲れる、体も、心も。




猿岩石とドロンズは偉大だな~、とか思ってみる。




今日は中々車が捕まらない、というか走る車の数自体が今までに比べめちゃくちゃ少ない。




そんな辺鄙な村の道端でヒッチすること、約10時間。




やっと一台の車がコンソまで乗せてくれるという!!




その車は、現地の人々に”アイスズ(イスズ)”の名で親しまれている、日本が世界に誇るトラック。




この”アイスズ”は、バスの走ってないエチオピアの一部地域では、庶民の唯一の長距離移動手段。




然し、外国人を乗せることは禁止されている。




そんな外国人をわざわざ乗せてくれるドライバーは、親切…ではなくて、単なる金目当て。




当然、お値段はボリボリの150B!(現地人の5倍くらい?)




まぁ、仕方ないけどと、渋々トラックの荷台に乗り込むとそこには先客が!




めぇ~。


blog-IMG_7903.jpg




めぇ~。


blog-IMG_7901.jpg




マジ??




せめて、仕切りとかないの(涙)




正直、ヤギと一緒の荷台は嫌だった。




しかし、10時間道端で待ち続けた僕には”乗る”以外の選択肢はなかった。




走り出して、直ぐ後悔した。




こいつら臭ぇ~。




しかも、ドライバーがブレーキを踏む度にヤギの大波が僕を襲ってくる!




その度に僕はヤギの角を、腹を、尻を掴み、荷台の奥に押しやる!




僕はこの時初めて、ヤギの体重が意外に重いことに気づく。




ガタガタ道を走り出して1時間、なんと車が川でスタック!?


blog-IMG_7899.jpg


blog-IMG_7898.jpg




もう勘弁してくれ~(泣)




取敢えず他の乗客と一緒に途方に暮れる。


blog-IMG_7906.jpg




そして、川辺で待つこと1時間、一台の通りがかりの大型トラックに牽引してもらい
無事、再スタートを切ったころには既に辺りは真っ暗だった。




そしてここから本当の悪夢が始まる…




相変わらずブレーキの旅に押し寄せてくるヤギの大群に一つの変化が起こる。




それは匂い。




とにかく臭い!!




最初から臭かったのは臭かったんだけど、数十頭のヤギが出す
糞と尿のせいで臭さ30倍増し!!!




しかも、このトラックに乗っていること自体違法だから、警察に見つからない様
荷台で立つことは出来ない…。




数十頭の糞尿まみれのヤギが、その足で、僕の足を、僕の荷物を踏み
その尻で、その角で僕の顔を、僕の背中を目掛けて突進してくる。




辺りは真っ暗だから、もう何が何だか分からないまま、僕は渾身の力でヤギを
荷台後方へ押しやる。




そして暗闇の中から”ジョ~”という小便をする音が聞こえて来て…




”ああ、この暗闇の中では絶え間なく、こいつらが糞をして、小便をして
どんどん汚れていって、それが僕の体に、僕の荷物にどんどん当たって来るんだな”




…そんな事をふと思った時、僕の中で何かが切れた。




何かもう目の前の全てが嫌になって、今まで出したこともない様な力で
ヤギを殴り、投げ飛ばし…もはや僕は鬼人だった。




想像してみて欲しい、そんな状態が7時間も続くことを…。




僕は動物が好きだ!




僕は人はおろか動物を本気で殴るような人間ではない!




…そう思っていた。




でも状況が変われば、人間変わってしまうという事に、気づく。




そう、僕は地獄の中で、まさに鬼人に変貌してしまったのだ!




そして、深夜2時半にようやくコンソに到着。




数少ないホテルをノックし、従業員に部屋を見せてもらい、値段を尋ね
ボられた時、もはや僕には値下げ交渉をする気力はなく…




”FUCK YOU. FUCK YOU.”とだけその従業員に言い、近くにある商店の軒先
で野宿するという、明らかに精神に異常をきたした判断しか出来なかった。




寒空の下、僕は蚊の舞う音と体に染み付いた悪臭にイライラしながら思った
”今日は、この旅で、いや、人生で一番辛かったな”と。










ここまで読んで下さり、ありがとうございます。
世界一周ブログランキングに参加しています。
あなたの1クリックがランキングに反映されますので、どうぞ宜しくお願いします。

↓ここをクリック
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

乳まる出しハメル族~トゥルミマーケット~
昨日、壊れた車も無事、修理完了し、今日は朝からカコからトゥルミへ移動。




ガタガタ道を行くこと3時間半、やっとの思いでトゥルミへ到着。




宿に荷物を置いて、早速マーケットへ向う。




そこには沢山のハメル族の皆様が!


blog-IMG_7871.jpg


blog-IMG_7870.jpg


blog-IMG_7867.jpg


blog-IMG_7874.jpg


blog-IMG_7883.jpg


blog-IMG_7884.jpg




しかも、パイまる出し率高し!!


blog-IMGP6410.jpg




やっぱり少数民族は乳出さなきゃね♪という僕の勝手な観念。




記念に一枚、モデル風にパシャリ!


blog-IMGP6413.jpg




ハメル族の人はこれまで見た民族の中でも、一際派手でお洒落。



blog-IMG_7876.jpg


blog-IMG_7882.jpg



blog-IMG_7896.jpg




しかも、フレンドリー…かと思ったら、ものくれ、金くれの嵐…。




中々、節操のない民族ですな。




でも、見た目で楽しませてくれるという点ではやっぱり一番!




そんなハメル族の皆様↓


blog-IMGP6417.jpg


blog-IMGP6419.jpg


blog-IMGP6422.jpg


blog-IMGP6426.jpg







ここまで読んで下さり、ありがとうございます。
世界一周ブログランキングに参加しています。
あなたの1クリックがランキングに反映されますので、どうぞ宜しくお願いします。

↓ここをクリック
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

またお前か…
今日は、月曜にあるトゥルミのマーケットを訪れる為に移動。




ジンカからトゥルミまでに、バスなどの公共交通機関はないから、ヒッチハイクを試みる。




「へーい♪」




素通り…。




「トゥルミ~!!」




素通り…。




「いらっしゃいませー♪」




やっと、車が一台泊まるも、トゥルミには行かないとか…。




こんな事を何回も繰り返す。




3時間半くらい経って、ようやく一台の車がトゥルミへ行くとの事!




しかし、あまり気が進まない…。




何故なら、そのドライバー、コンソからカイヤ・ファールに行くときに最初に決めた額
を後から割り増し請求するという狡いことをしたくそ野郎だったからだ。




しかも、料金は200Bと半端なくボッてくる!




嫌だー、こいつの車は嫌だー。




と思いつつも、これ以上道端でヒッチするのはもっと嫌だったので、お願いすることに。




車内で僕が言った一言は、”もう俺のこと怒らせるなよ”という念押し。




ドライバーが言う、「NO MORE KICK(笑)」。




そんな感じで、ドライバーとは無事仲直りして、車は一路トゥルミへ。




そして、一時間もせずに車が故障…。




本当にこのドライバーといるとロクなことがない。




自力で直そうとし、小一時間、悪戦苦闘。




その甲斐なく、車は一向に直らない。




しかも時刻はもう、5時近く。




そんなこんなで、”カコ”という聞いたこともない村に一泊することになってしまった。




この村、ほんとに何もない。


blog-IMG_7851.jpg


blog-IMG_7860.jpg




そんな村では子供達と遊ぶしかない。


blog-IMG_7853.jpg


blog-IMGP6407.jpg




相変わらず、エチオピアのガキはうっさいけど、可愛い!





ここまで読んで下さり、ありがとうございます。
世界一周ブログランキングに参加しています。
あなたの1クリックがランキングに反映されますので、どうぞ宜しくお願いします。

↓ここをクリック
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。