細目デ地球観察 ~ ワタルヒライの世界一周 ~
世界一周を道半ばで断念した男が、理想と現実のギャップに悩みながら、日本での社会復帰を目指すブログ
プロフィール

WATARU

Author:WATARU
仕事を辞め、2009年2月27日に
世界一周スタート。
2010年7月30日、世界一周を
半周で止め、日本に帰国。
世界半周で得た、考えと現実の
ギャップに悩む25歳男が
日本での社会復帰を目指す。

世界一周ブログランキング
に参加しています。

1日1クリック、宜しくです!

ここをクリック↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


現在までの道のり

タイ→カンボジア→ベトナム→ラオス→中国→チベット→ネパール→インド→パキスタン→イラン→トルコ→ドイツ→トルコ→シリア→ヨルダン→イスラエル→ヨルダン→エジプト→ハンガリー→オーストリア→ハンガリー→ドイツ→ベルギー→オランダ→チェコ→クロアチア→イタリア→フランス→スペイン→スイス→スロヴァキア→ポーランド→ハンガリー→エジプト→イエメン→エチオピア→ケニア→タンザニア→マラウィ→ザンビア→ナミビア→南アフリカ→ジャパン



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の路地
色んな国の路地まとめてみました。




s-IMG_0344.jpg


トルコ




s-IMG_0339.jpg


トルコ




s-IMG_0317.jpg


トルコ




s-IMG_0303.jpg


トルコ




s-IMG_0208.jpg


トルコ




s-IMG_0182.jpg


トルコ




s-IMG_0537.jpg


ドイツ




s-IMG_0491.jpg


ドイツ




s-IMG_0407.jpg


ドイツ




s-IMG_0404.jpg


ドイツ




s-IMG_0368.jpg


トルコ




s-IMG_0355.jpg


トルコ




s-IMG_1598.jpg


シリア





s-IMG_1397.jpg


エジプト




s-IMG_1366.jpg


シリア




s-IMG_1304.jpg


イスラエル




s-IMG_1241.jpg


イスラエル




s-IMG_0597.jpg


ドイツ




s-IMG_2275.jpg


イスラエル




s-IMG_2269.jpg


イスラエル




s-IMG_2252.jpg


イスラエル




s-IMG_1849.jpg


イスラエル




s-IMG_1711.jpg


シリア




s-IMG_1641.jpg


シリア




s-IMG_5116.jpg


オランダ




s-IMG_5030.jpg


ベルギー




s-IMG_4964.jpg


ハンガリー




s-IMG_4628.jpg


ハンガリー




s-IMG_2553.jpg


イスラエル




s-IMG_2286.jpg


パレスチナ




s-IMG_5736.jpg


イタリア




s-IMG_5694.jpg


イタリア




s-IMG_5690.jpg


イタリア




s-IMG_5505.jpg


クロアチア




s-IMG_5422.jpg


クロアチア




s-IMG_5377.jpg


クロアチア




s-IMG_6152.jpg


ポーランド




s-IMG_6136.jpg


ポーランド




s-IMG_6030.jpg


ポルトガル




s-IMG_6016.jpg


ポルトガル




s-IMG_5849.jpg


フランス




s-IMG_5813.jpg


フランス




s-IMG_7781.jpg


エチオピア


s-IMG_7638.jpg


エチオピア


s-IMG_7233.jpg


イエメン


s-IMG_7214.jpg


イエメン


s-IMG_7129.jpg


イエメン


s-ドレスデン


ドイツ


s-IMG_7831.jpg


エチオピア








ここまで読んで下さり、ありがとうございます。
世界一周ブログランキングに参加しています。
あなたの1クリックがランキングに反映されますので、どうぞ宜しくお願いします。



↓ここの世界一周と書かれた画像をクリック
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村sshu/">にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

オヤジ!オヤジ!!オヤジ!!!
今日で仕事を始めて6日が経ちました。


研修やったり、電話取ったりするだけなので、仕事らしい仕事はまだしてないです。


正直、毎日が退屈…早く仕事覚えて、じゃんじゃん営業したい今日この頃。




仕事はさておき、これからちょくちょく僕が旅で撮った写真をテーマ別に
あげたいと思います。


第一弾のテーマは世界のオヤジ。


それでは哀愁漂うオヤジ共の姿をご堪能下さい☆




s-DPP_0001.jpg

トルコの路上で靴磨きをするオヤジ。
靴磨き断ったら、ふて腐れてました。



s-DPP_0002.jpg

トルコの広場で鳩に餌をやるオヤジ。
毎日ここで餌をやるのが日課だそうです。



s-DPP_0003.jpg

シリアで布屋を営むオヤジ。
チャイ(紅茶)を3杯もご馳走してくれました。



s-DPP_0004.jpg

シリアのレンガ屋で働くオヤジ。
常にニコニコしてたけど、写真撮る時はキメてます。



s-DPP_0005.jpg

シリアの野菜マーケットにいたオヤジ。
この人、バナナ屋でもその客でもなくただの通りすがりです。



s-DPP_0006.jpg

シリアの野菜マーケットにいたオヤジ。
自分の子供そっちのけで写真撮影楽しんでました。



s-DPP_0007.jpg

シリアのマーケットで店を出すオヤジ。
オヤジといいつつ、結構若いです。



s-DPP_0008.jpg

シリアのユーフラテス川で釣りをするオヤジ。
釣れる気配が一向にしませんでした。



s-DPP_0009.jpg

パレスチナ自治区のマーケットにいたオヤジ。
意味不明のアラビア語で多分?歓迎してくれました。



s-DPP_0010.jpg

パレスチナ自治区のマーケットにいたオヤジ。
子供撮ってたら、「俺も撮れ!」と言われて写真撮りました。



s-DPP_0011.jpg

パレスチナ自治区のマーケットで働くオヤジ。
左手に持ってる食いかけのお菓子くれました。



s-DPP_0012.jpg

イスラエルのエルサレムで平和活動をするオヤジ。
彼の家(寄付制)に12日も泊めてもらいました。



s-DPP_0013.jpg

ヨルダンの古着マーケットで働くオヤジ。
超、声デカかったです。



s-DPP_0014.jpg

イタリアのピサでラッパを吹くオヤジ。
趣味でやってるのでしょうか?ジプシーでしょうか?



s-DPP_0016.jpg

エチオピアの路上ではしゃぐオヤジ。
ジャッキー・チェンの真似らしいです。



s-DPP_0017.jpg

エチオピアでトラックを転がすオヤジ。
バナナを奢れと言われました。



s-DPP_0020.jpg

ザンビアのヴィクトリアの滝入り口で楽器を叩くオヤジ。
この笑顔たまりません。



s-DPP_0018.jpg

パキスタンで青空レスリングをするオヤジ。
オスとして完全に負けてます。


s-DPP_0015.jpg

インドで国境警備にあたるオヤジ。
行進する時の足のキレ半端なかったです。



s-DPP_0021.jpg

インドの山奥でマリ○ァナを売るオヤジ。
いらないって言ったら、こんな顔されました。



s-DPP_0022.jpg

インドのチベット圏で会ったオヤジ。
こころから幸せそうな笑顔が素敵過ぎます。





色々と写真載せましたが、殆どアラブ人ですね(汗)


要は…アラブのオヤジは写真が好きっていう事!!





ここまで読んで下さり、ありがとうございます。
世界一周ブログランキングに参加しています。
あなたの1クリックがランキングに反映されますので、どうぞ宜しくお願いします。



↓ここの世界一周と書かれた画像をクリック
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村sshu/">にほんブログ村

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

今日は入社日!
今日は社会復帰への第一歩、労働の初日。




朝6:30に起き、出社準備をする…眠い…気を抜くと意識が飛びそうだ…。

ここ最近、明け方5:00まで活動し、昼の12:00まで寝ているダメ人間
の僕には中々辛い。

とは言いつつも、社会復帰を目指す者として、会社に遅刻する訳にいかず
急いで準備し、一時間かけて会社に到着。




会社の入り口を前に、少しドキドキしつつも、社内に入る。

そこにはスーツを着たおっさん、デスク、パソコン、電話…etc

ああ、僕はこのサラリーマン世界にまた戻って来たんだなっと変な気分。

海外での1年半、僕は起きたい時間に目覚め、行きたい所に行き、やりたい事をやり続けた。

何かを決めるのも、その結果の責任も全て自分、そんな世界だった。

目の前にある世界は、そんな世界とは全く違う価値観の上に成り立っている。

間もなく朝礼開始、辞令を受け、これからお世話になる皆さんにご挨拶。

とにかく妙な気分だった。

自分の存在していた世界から、いきなり異世界に飛び出し、そこにいる人は異星人で
そこにあるものは全て未知の物で、空気ですら今まで吸ったことのない吸い心地で
自分の話している声ですら他人の声のようで…

そんな世界を一枚のフィルターを通して遠巻きから眺めている…そんな気分だった。

それは環境の違いで、慣れれば簡単に違和感のなくなるものだろうと思う。

でも、僕の海外での一年半と日本の一般的社会の一部がとてつもなく遠いもの
であることは明らかだと思った。




朝礼後は、社内研修。

入社手続きをし、会社の就業規則、システム、個人情報保護等について
総務とシステム課の人たちにまる一日かけて教わる。

どこの会社でも、入社初日に行うこのような研修…とっても大事な事は
頭では解っているけど、正直眠い…。

これから社会復帰するものが、就業中に居眠りなんてありえん!(当り前)
と思い、眠気と葛藤!






.......頑張れ!俺!



................負けるな!俺!



..................................そんなんでどうする!?



.......................................................................



.......................................................................?



.......................................................................??



あれ???



大丈夫ですか?…(苦笑)」という声が聞こえる…



........................................................................!?



「は、は、はい~!!大丈夫でぇすぅぅぅ!!」
と目を覚ます。


やっぱり、ダメだ俺(笑)



入社初日から、居眠りをかました社会不適合者の僕ですが、何とか今日一日の研修を終え
今、無事に帰宅しました。

月曜からは本格的にOJT開始…俺、大丈夫か?







ここまで読んで下さり、ありがとうございます。
世界一周ブログランキングに参加しています。
あなたの1クリックがランキングに反映されますので、どうぞ宜しくお願いします。



↓ここの世界一周と書かれた画像をクリック
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村sshu/">にほんブログ村

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

社会復帰へ
僕が就職活動を始めたのが今から一ヶ月前。




取りあえず、近くのハローワークへ行き、求人情報を見る。

僕は以前営業だったので、営業関連の仕事をいくつかピックアップし
その詳細な求人概要を見てみる。

.......給与134,000円、年間休日77日、昨年度昇給実績500円、社会保険なし........etc

うぁぁぁぁぁ!ろくな仕事がねぇ!

これじゃ奴隷じゃないかぁ!!

求人の数はいくらでもあるけど、その待遇の酷さは.......。

元々、ある程度の雇用状況の厳しさは予測していた。

香川は企業自体の数が少ないし、昨今の不景気で雇用状況は悪化しているし
何より日本(特に地方)では、ごく少数の優秀な人材とコネのある人を除き
新卒者以外で優良企業に入社することは極めて困難だから。
(いい会社は人が辞めないから、募集が少ない)

別に優良企業に入りたいなんて言わない、というか一度ドロップアウトした僕が
そんな所に行ける訳がない。

でもね!最低限、人間らしい生活をしたい訳ですよ、こんな僕だって(涙)

そんな思いを胸に若干涙目になりながら、求人情報をチェックしていくと
数ある糞求人に混じって、たまにそこそこ僕の希望に合う求人がある事に気づく
しかし、全国転勤有りの香川に本社がない会社がほとんどだ。

これじゃあ、若い人はどんどん都市部に流れていって、地方の過疎化が進むのも
無理はないな…。

仕方ないので、香川本社+転勤なしという条件にさっさと見切りをつけ
2つの会社に応募することに決める。
(転勤はあるけど、中四国限定とか、なるべく香川に残れそうなものにした)




ハローワークでの就職活動に加え、リクナビNEXTとマイナビ転職という二つの転職サイト
にも登録し、求人情報を探すも、目ぼしい求人で香川に残れそうなものは殆どない。

いくつか目ぼしい求人に応募してみたが、書類審査で全て落ちる…その確立0/4。

大学卒業後、2年も働かず、1年半も無職だった男はどこの会社もいらないらしい…当然か。




一方、ハローワーク経由で応募した2社については、無事書類審査をパスし、筆記試験と面接を
受けることになった。

筆記試験については新卒時に落ちたことがないので、心配なし。
(よっぽど馬鹿じゃなきゃ落ちないものだと思う)

問題は面接。

元々面接はそんなに苦手ではない。

しかし、今回は僕が海外に行っていた事についてちゃんと説明をしなくてはならない。

どんな目的を持って、何をして、その経験を通じ

何を得たのか??


絶対、聞かれると思っていたこの質問。この質問を乗り切らなければ、内定はない。

正直に答えると…

・どんな目的を持って → 明確な目的なんてないし~。

・何をして → 観光したり、のんびりしたり、人と交流したり、色々っすね~。

・何を得たのか → いや~、口での説明は難しいけど、色々自分なりの考えは出来ましたねぇ~。



そもそも質問自体が、僕みたいな長期旅行者にとってはナンセンス。

でも、企業側は僕にとってはナンセンスでもその質問をせざるえないのも理解できる。

これから一緒の会社でやって行く上で、ビジネスに活かせる大した経験も、実績も、能力もない
ただ遊びほうけていただけの人間を採用する訳にはいかないのだろう…当然だ。

しかし、どう考えても僕の一年半の海外経験がビジネスに直接繋がることはない。

だって、一年半ただただ遊んでいただけだから…。

こうなったら、一年半の海外経験を通して人柄をアピールするしかない!と思い

自分なりに一年半、どう考え、どう動き、どんな印象深い経験をして、どう感じたか
という事をもっともらしく伝えることにした。

一ビジネスパーソンとしてではなく、一人間として、好感を持ってもらう作戦だ。

その為に、1しかない経験を100にして語ったり、歯の浮くようなきれいごとを並べた。
(0を1にしたり、嘘はついていない)

実際に海外経験について話出すと、経験が経験だけに、面接官にも興味は持ってもらえ
話自体は結構盛り上がる。

ただ、面接における評価がどうかは不明。

僕が思うに、長期海外旅行経験がプラスの要素として働くことはまず有り得ない。
でも、面接官がもつ離職期間に対するマイナスイメージを面接でどれだけ少なく
するかが重要だと思う。

結局、僕は2社面接し、1社は一次面接で不採用。

もう1社は…無事内定GET!

職種は営業、勤務地は香川(但し中四国内での転勤有り)、休日そこそこ多い
給料我慢出来るレベル、と全然許容範囲なので、入社することに。

ただ、仕事自体はハードで残業も多いと思われ、離職率も高いのが気にかかるけど
まぁ僕のスペックではあまり選好みも出来ないし…がんばろっと!

という事で、10月1日から僕も社会復帰です。


b-IMG_9379.jpg







ここまで読んで下さり、ありがとうございます。
世界一周ブログランキングに参加しています。
あなたの1クリックがランキングに反映されますので、どうぞ宜しくお願いします。



↓ここの世界一周と書かれた画像をクリック
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村sshu/">にほんブログ村

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

社会不適合者
日本に帰国し、もうすぐ2ヶ月、久々の更新。

今日は日本での社会復帰について。




帰国当初、僕は迷っていた。

日本で社会復帰するか、資金を貯め南米から旅を再開するかどうかを。




気持ち的には7:3で旅を続ける方に傾いていた。

1年半の旅がめちゃくちゃ楽しかったから、もう少し旅を続けたかったし
世界一周を成し遂げることに妙な拘りを持つ様にもなったから。

でも一番の理由は日本で社会復帰したくないという気持ちが強かったから。

なぜなら日本社会の持つ一般的な価値観とか性格といったものに僕は
もう馴染めないと思ったから。

日本に帰国して、最初に見た街は東京の新宿だった。

そこにはキラキラ輝く多種多様な広告看板、おびただしい数の派手な服装を
して携帯を持った人間…その光景は僕の目にはあまりにも異常なことの様に
見え、正直気持ち悪いと思った。

物欲の国…日本。

最新のor流行のor評判の良い、服、携帯、家電、車、ゲーム、書籍、食事
映画、住居、教育...........

待ち行く人、僕の周りの友達を見ているとそういったものを当たり前のように
追い求め、消費している人が多いように見える。

物欲を満たすために必要なものはお金、それを得るために人は働く。

僕が帰国して感じた事は、物欲にまみれた日本であり
消費するために働く日本人であり、それに対する気持ち悪いという思いだ。




そんな思いもあり、少なくとも一般的な社会復帰をする気持ちはなかった。
(サラリーマンとして会社に就職するとか)




でも実家に帰って、親父が言った一言をきっかけに考えが180度変わる…

「さっさと仕事せぇ。」

大した意味もなく何気なく放ったであろうその一言を聞き、僕は両親に対し今まで
(生まれた時から今まで)どれだけ心配をかけ、迷惑をかけただろうかと考えさせられた。

元々、将来的には両親の近くで暮らすつもりではあった。

唯一の兄弟である姉ちゃんは既に結婚しており、これから先両親が弱った時に傍に
いてあげられるのは僕以外にいない。

将来的には何があろうと僕は地元に戻り、両親の近くで暮らさないといけない…
そんな事を僕は20歳位からずっと意識していたし、それは僕の人生選択における
最大の足かせだと思っていた(思っている?)。

でも親父の一言で何故か、ああ僕はちゃんと社会復帰をし、共に生活し
両親を安心させないといけないんだろうなぁって思った。

それは、今まで迷惑かけた分、これからは親孝行しようとかいう親思いな
考えからではなく、今まで迷惑かけて来たなぁ…そろそろ恩返しした方が
いいのかなぁ…何かそうするべきなんだろうなぁというフワフワとしたものだ。




そういったフワフワとした思いを抱え、僕はこれからの人生をどう生きるかという事を
考えるようになった。

現実問題を含めて色々と考えたけど、僕を日本で社会復帰する様後押しする
いくつかのポイントがあった。


①友達と話すことが思いのほか楽しかったこと
 
 旅に出て、価値観とか考え方が変わった僕は日本でずっと暮らして来た友人と話しても
 互いにそんなに楽しくはないだろうと思っていた。
 実際に再開してみて、中にはこいつと話してもつまらんという奴もいたけど、大抵の友達
 については話していて本当に楽しかった。
 人生を楽しんでいる奴、真剣に生きてる奴、馬鹿話を一緒に出来る奴、そういった奴らとは
 自然に会話を楽しめると思い、そんな友達が長く近くにいてくれる生活は日本でしか出来ない
 と思った。


②バスケを定期的に出来る環境があること

 僕は中、高、大、社会人と下手糞ではあるけど、ずっとバスケを続けて来た。
 とにかくバスケが好きで、日本に帰って初めてバスケをした時は久々の運動
 で倒れるかと思ったけど、本当に楽しかったし、僕はバスケが好きなんだと
 心の底から思えた。好きなバスケがいつでも出来る環境はありがたい。


b-IMG_9377.jpg



③サーフィンを定期的に出来る環境があること 

 高3で始めたサーフィン、未だにあまり上達していないけど、身一つで海に浮かんで
 波のことだけを考えている時間は日常で溜まった不要なものをアウトプットするには最適。
 それにいい波に乗れた時の表現しようのない快感は、自分の持つ下らないものを一気に
 吹き飛ばす力がある。嫌なことがあれば海に行けばいいと思っている。


b-IMG_9376.jpg



④香川では”物欲の日本”を感じる機会が少ないこと

 香川、特に僕の地元の庵治町という所は電車も走っていないし、24時間経営のコンビニもない。
 海が近くにあり、高台から見下ろす瀬戸内海の景色も夜見れる沢山の星も僕は大好きで
 そういった環境にいると僕が新宿で感じた日本に対する嫌悪感を感じる機会が少なくてすむ。


b-IMG_0019.jpg



⑤約2年のサラリーマン生活がそんなに辛くなかったこと

 僕は大学卒業後約2年、営業として働いたことがある。その時の社会人生活はさして楽しくは
 なかったけど、特に不満もなく、そこそこのやりがいを持てるまずまずの生活だった。
 要は日本社会に沿った人間を演技をすることはそんなに辛くないということを思い出したという事。
 
 
⑥僕には日本で叶えたい夢があること

 僕は遠い将来、日本でこんな事をしたいという具体的な夢があって、それを叶える為の
 一番の近道は一日でも早く日本社会で働き、貯金をする事であること。


⑦中南米は後々の楽しみにとっておいてもいいと思ったこと

 旅はこれからも続けたいと思っている。
 僕には生きているうちに行きたい場所が沢山あるけど、その中には短期旅行で十分な場所も
 数多くあって、働きながらでも行けると思う。
 僕がこの先長期の旅に出るとすれば、絶対に中南米で、それ以外に絶対的に行きたい所はない。
 だったら、今急いで中南米を旅する必要はなくて、例えば老後にとっておいても
 いいんじゃないかと思えるようになった。



...........................こんなもん??と思う人もいると思うけどこんなもんである。

こんな仕事をして自分を高めたい!とか社会の役に立ちたい!とかそんな熱い思いは当然ない。

それどころか労働意欲そのものが極端に低い(ない?)社会不適合者である。

ただ、生きる為にお金が必要で、その為に必要な労働をする上で、最低限、社会に適応出来る
人物を演じれる。

そしてその演技に伴うストレスを発散出来る術があり、その生活を行うに耐え得るだけの
夢とか義務感とかがあるだけ。

そんな消極的な姿勢ではあるけど、僕は日本で社会復帰をする事に決めた。
(社会復帰については消極的だけど、生きる上での目標はちゃんとあって、
 社会復帰はそれを叶える手段という考え。)

そして僕の就職活動が始まった。






ここまで読んで下さり、ありがとうございます。
世界一周ブログランキングに参加しています。
あなたの1クリックがランキングに反映されますので、どうぞ宜しくお願いします。



↓ここの世界一周と書かれた画像をクリック
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村sshu/">にほんブログ村 

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。